人見知り克服ガイド

人見知り克服ガイド TOP → 人見知りの基礎知識 幼少期の人見知り

幼少期の人見知り

小さいときに人間は人見知りをします。

これは、人間が誰しも通り過ぎることです。さらに、小さいときの人見知りの記憶はなかったりします。あまり何かを考えなくても克服できる場合も多いです。色々なことを経験し、人見知りは自然と治っていきます。

小さいときに、例えば幼稚園で比較的人見知りしてしまっている場合ですが、あまり心配することはありません。たまに自分の子どもが少し人見知りな為に、自閉症なんじゃないかと考えてしまう親御さんもいらっしゃいますが、それは違います。実際、自閉症の場合、人見知りな部分も症状にありますが、それだけではない症状があります。ただ単に、警戒しなどから人見知りすることは、自然で、ほっておいても治っていきますが、自閉症の場合それとは質が違います。自閉症ならば専門家のアドバイスなどが必要となりますので、このページから一歩進んで専門家のところに相談しましょう。

子どものうちは、あまり社交的でない子でも、あとからとても社交的になったりする事もあります。

さらに、社交性ですが、子どもは学校などで人間関係を学び、少しずつ人見知りも解決しているはずです。

子どもは親のリアクションに敏感なものです。できれば、あまりびくびく心配しないことがいいでしょう。子どもは親のことにとても敏感で逆に心配したりします。不安が子どもに伝わる事の方が問題があります。

だいたいの場合、子どもの人見知りは治りますので、観察することは大切ですが、焦る事はありません。できれば、親はどーんと構えてあまり気にしないようにしましょう。

人見知りの基礎知識

ポスター印刷
大判印刷ならディプリーズ楽天市場店で!

タゴシッド
タゴシッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

フルーラ ラムネ
http://www.masatoya.net/ww_2781.html

人見知りの基礎知識
人見知りで困る事
人見知りの対策
簡単な人見知り克服方法
人見知りと病気
シチュエーション別の解決案