人見知り克服ガイド

人見知り克服ガイド TOP → 人見知りと病気 自閉症

自閉症

自閉症とは、社会性や他社とのコミュニケーションにおいて、発達が著しく遅れてしまう発達障害です。基本的には先天性の脳機能障害になります。そして脳機能の問題から認知障害へと発展したりします。

子どもの人見知りか自閉症かの判断は大変難しいため、専門家の診断が必要となります。よく、引きこもりや鬱気味の子どもをさして自閉症といったりしますが、これは誤解を与える表現となり、実際の自閉症は認知障害なども発症したりするとても複雑な病気です。

主な障害は、対人相互反応がうまくできないこと、意思伝達が非常にとぼしかったり、その発達が異常にないこと、そして活動や興味がとても狭いということになります。遺伝子レベルでの問題が発生してる可能性があるという風に医学会では言われています。さらに、言語などの発達が遅れたり、反復的な行動を繰り返したりする事があります。自閉症の場合は、例えば、まったくしゃべらないイメージではありますが、実際はまったくしゃべらないということではありません。

むしろ、会話をしていても目線が合わなかったり、恐いと思っているのに笑ってしまったりします。自分の興味があることを人と共有しようとしたりしません。

実際は、しっかりと物事を組み立てて話をする事が苦手だったり、何度も同じ会話を繰り返したりしてしまったりします。さらに、視覚に関しては、とても敏感だったりして、記憶力もとてもよかったりします。そしてさらに困った事が起きると、あまりのストレスがたまると奇声をあげたり暴れたりすることがあります。

合併症などもあるため、専門医の診断が必要となります。しかし、一般的にいわれている人見知りとはかなり実際症状やレベルが違うため、簡単に自閉症というのは実際間違った判断をしている可能性がありますので、注意しましょう。

人見知りと病気

プレラン
プレランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

人見知りの基礎知識
人見知りで困る事
人見知りの対策
簡単な人見知り克服方法
人見知りと病気
シチュエーション別の解決案