人見知り克服ガイド

人見知り克服ガイド TOP → 人見知りと病気 対人恐怖症

対人恐怖症

対人恐怖症は恐怖症の一つで、基本的にその恐怖から逃れるための症状があります。そしてその結果なかなか社会的な生活が厳しくなったりします。生活においては、対人恐怖症は日本特有の文化依存症候群として、認識されています。

進学や就職をするときに色々な新しい人間関係を作らなければいけなかったり、雑談恐怖や体臭恐怖などとともに、汗を異常にかいたりしてしまいます。新しい人間関係を作る際に、無理したりすることで、強い不安を感じてしまったりします。

そのため、その不安があまりの恐怖のため、対人関係をさけてしまって、完全に一人になろうとします。表情恐怖や視線恐怖などもあります。さらに、重症対人恐怖症の場合は、妄想的に確認を抱いてしまって恐怖を感じる場合もあります。

日本の治療においては、対人恐怖症は、森田療法というのが効果をあげているということです。これは主に神経質な人向けの療法で、基本的に「あるがまま」という言葉を多く使うようです。そのままの状態を大切にして、まずとりあえず働くことを大切にしています。そして死ぬ事への恐怖を感じながら、実際、それは生きる事への欲望だとも考えられます。そして人間の欲求などに対してとても基礎的なところから、積み上げ直し、日記などをかく事で、日記などに対しての治療を行っていくようです。

現代では、カウンセリングなどの手法を使って、人間の考え方の部分まで少しずつ解明されてきています。

この手法を使う事で、まず一人で抱えて悩んで具合悪くなっていた人が、少しずつでも人と話す事で、改善されていっている人もいます。考え方、感じ方はとても人それぞれ、対人関係においてもとても繊細な人がなりやすい病気なので、専門家と話ながら治療が必要です。

人見知りと病気

人見知りの基礎知識
人見知りで困る事
人見知りの対策
簡単な人見知り克服方法
人見知りと病気
シチュエーション別の解決案