人見知り克服ガイド

人見知り克服ガイド TOP → 人見知りと病気 醜形恐怖症

醜形恐怖症

身体醜形障害という名前が本来の名前です。この病気がある場合は、自分の姿が気になってしまい、本来の自分で人と接する事ができないということになります。自然な触れ合いもできないですし、とても気にしてまともにコミュニケーションもできない状況になります。それは実際の見た目と関係ありません。

例えば、実際は別に醜いということがなくても、そういう事が起こってしまう場合があります。あくまで自分の外見のイメージを実際より醜いと思い込んでしまい、気にしすぎて、そのようになってしまっている事が多いです。実際もっとかわいくない子が自分のことが大好きなのに、すごくかわいい子がすごく醜いと思い込んでしまっている場合もあります。

そして自分の外見をあまりに気にしてしまうために、うまくコミュニケーションがとれなかったりします。これは通常の人見知りを遥かに超える状況です。どうしても、ナチュラルに振る舞う事が難しいという事になります。

一種の被害妄想なのですが、別に誰かが外見の悪口をいっていたから、なった訳でもないのです。どちらかというと、本人の強い思い込みで、自分がうつる鏡などはあまりみたくないようです。それか、逆にあまりにすごく細かくチェックして理想の形から崩れていないか脅迫観念でみている場合もあります。

自分の理想の形をあまりに完璧にしたくて、それがうまくいかないと、どうしても耐えられないとなってしまうこともあります。強迫観念があるからこそ、人に会うのが恐怖になってしまったりしてしまうわけです。この恐怖は実際の欠点と違います。少しずつ自分自身を好きになる事は大切です。

人見知りと病気

フルダラ
フルダラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

人見知りの基礎知識
人見知りで困る事
人見知りの対策
簡単な人見知り克服方法
人見知りと病気
シチュエーション別の解決案