人見知り克服ガイド

人見知り克服ガイド TOP → 人見知りと病気 パニック障害

パニック障害

パニック障害は、強い不安がもとになって、体に影響してしまう病気です。そして昔は不安神経症といわれています。そして基本的な症状は、パニック発作という発作が起こってしまうことで始まります。

最初はパニック発作が起こってしまうこと事態が症状ということになりますが、その後、その発作がまたきてしまうのではないかという不安がつのり、さらに、その症状がきたときがあまりにこわいため、生活範囲を狭めてしまう症状が発生します。例えば、電車に乗る事が恐怖となって、電車にのれなくなり、多くの人がいるところで、何かおこったら怖いため、外にでられなくなるような事がおこります。

パニック障害になる人は日頃からストレスがたまりやすい環境で仕事をしている人が多いです。そして、満員電車などの混雑している閉鎖的な空間などで、ストレスを感じ、動悸息切れ、めまいなどが起こります。そのため、呼吸困難などになってパニックになります。しかし実際は命に関わるような症状はでにくい病気です。

さらに、恐怖心から外にでられないことで、うつ症状に発展してしまう場合があります。特に原因は、まだ研究中で、はっきりしていませんが、脳内の伝達物質やレセプターの機能の異常ではないかといわれています。

現在では精神的な療法と薬物療法の療法より、診療内科などで診察が可能ですので、受けてみてはいかがでしょうか。日本では、中高年の医師はあまりこの病気に関して知識がない場合がありますので、専門家に行く必要があります。

人見知りと病気

遺品整理 岐阜
遺品整理を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス
プラビックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

人見知りの基礎知識
人見知りで困る事
人見知りの対策
簡単な人見知り克服方法
人見知りと病気
シチュエーション別の解決案