人見知り克服ガイド

人見知り克服ガイド TOP → 人見知りの対策 大勢の前でのお話

大勢の前でのお話

人見知りの人は、基本的に相手の気持ちを考えてしまう人が多いです。なので、話を聞く相手が多くなる会議や講演などで話をすることが苦手のようです。

しかし、社会人になると、自分の立場とともに自動的に色々な場所で話をさせられたりする事があります。その度に個人レッスンを受けるわけにもいかず、日本ではそのようなレッスンを受けられる場所もあまりありません。大手の企業ではそのようなプレゼンテーション能力などもエグゼクティブ研修などで、教育されます。そういう機会がない場合はどうしたらいいのでしょうか。

人見知りの人は相手がちゃんと自分の言ってることを理解しているか、とてもきになります。さらに、自分の意見を興味もって聞いてくれているのかも気になります。しかし実際どのように努力しても短い時間で聞いてくれている人全員に自分が話している内容を正しく理解してもらえるように伝えるのは難しいことです。

そして、さらにその人たちの気持ちまで考慮すると、結局自分が話している内容自体、話自体がしっかりしないことになってしまいます。 そうすると、本末転倒ですので、まずは伝えたい事をどのように伝えるかだけに気持ちを集中させることが大切です。そして相手の気持ちや表情などの前に、自分の内容を大切にします。さらに、急に質問などされると焦るので、しっかりと資料を作っておく事が大切です。

ではどのようにまとめておくといいのでしょうか。まずは、伝えることの大切な部分、キーワードなどを箇条書きにすること。さらに、事前に要点のみかいておくと、困っても忘れる事がありません。

さらに、長時間のお話の場合は、極力途中で休みをおく事も大切です。話をする方も疲れますし、聞いている方も疲れます。やはり事前の練習が大切で、時間を実際はかり、できれば自分をビデオなどでとりならが、人前で話す練習ができればいいわけです。自分の話すことに集中する事ができてくれば、自然と会話自体の内容も良くなっていくでしょう。さらにそのような案件をこなした自信が増えれば、その経験が自信となり、人見知りも改善されていくでしょう。

人見知りの対策

http://www.dr-m.co.jp/


人見知りの基礎知識
人見知りで困る事
人見知りの対策
簡単な人見知り克服方法
人見知りと病気
シチュエーション別の解決案